October 24, 2003

MS Projectをまともに使いこなしている人はどこにいるのか?

上司が読め読めと言うので、オクノ総研と同じく、僕もPMBOKの本を読んでいる。
もちろん興味もあるのだが、正直なところ、一体何なんだこれは? といった感じである。
PMBOKはソフトウェア開発に限らず、あらゆるプロジェクト管理を対象としている、ということも関係していると思われるのだが、これまで経験してきたプロジェクトのやり方とは全く違う。
非常に戸惑いを感じる。アーンドバリュー分析? 初めて聞いたぞ。
そして、困ったことに全く頭に入らない。勉強は出来るけど、実務に使える気がしない。

オクノ総研は
「自己流の天才プロジェクトマネージャーと体系だった教育を受けた凡人プロジェクトマネージャーであれば、後者のほうが信頼できる」
と書いているけれど、うちの会社で行われているのは体系だった教育を受けていない凡人によるプロジェクト管理である。どこかには天才もいるのかもしれないが、僕は見たことがないし、体系だった教育を受けた人はそれより少ないであろー(まあ、うちの会社に限らない話だと思うが)。

そもそも、僕が現在使っているMS Projectだって、本当はPMBOKの勉強をしていないと使えないはずである。僕はいままでまともに(というのは、単に線を引いた上に実績を入れて進捗率を見るだけ、という以上の使い方)MS Projectを使いこなしている人を見たことがない。
本当は細かなリソース割り当て、コスト分析、アーンドバリュー分析も出来るのであるが、誰もやっていない(僕も含む。2人くらいのプロジェクトがあればやってみたいと思っているのだけれど)。

まあ、スケジュールをExcelで書く人も多いから、それに比べれば大分マシかもしれないけれども。

ともあれ、PMBOKに基づくプロジェクト管理にはMS Project等、それなりのプロジェクト管理システム(PMS)が必要となるはずである。やろうと思えばExcelだけでも出来るかもしれないが、かなりの無駄な労力が必要となるだろう。

そして、それを誰も使っていないということは、誰もPMBOKに基づく体系だったプロジェクト管理を行っていない、ということになると思うのだが、実際はどうなのだろうか?

PMBOKなんかを真面目に勉強してもプロマネにはなれんぞ、それより俺のやり方を見て学べ、俺も先輩を見て学んだ、てな感じの見よう見真似路線を継承している管理者が多いと僕は思っているのだけれど。

そして僕はと言えば最近は小さめの、失敗してもどうにかなる仕事に割り当てられることはなく、失敗が許されないクリティカルなプロジェクトもしくはプロジェクトと呼べない仕事(目標も終わりも見えないもの)ばかりなので、せっかく勉強しても使う場がなかなかないのである。

Posted by sota-k at 12:10 AM | Comments (2)

October 16, 2003

CSS修正

日々の記録

もちろん dogs.shiftweb.net は毎日チェックしているのですけれど、普段使っている Opera だとメニュー・パネルが右によって本文を隠してしまい、読めなくなるのが辛いところです。どうにかならないでしょうか?

普段IEもしくはIEコンポーネントを使ったSleipnirしか使わないもので。早速直しましたが、どうでしょうか?

ちなみにIEでもblockquoteの線が一部消えたり、不具合がありますです。直し方が分かる方がいらっしゃいましたらご教授下さい。

2003.10.20追記

再度指摘を受けて修正しました。Operaではどうでしょうか?

2003.10.22追記

再度指摘を受けて修正しました。Operaでも一応見られるようになったはず。wrapper方式はまた今度やります。

2003.10.22再度追記

今度はIE低解像度で下に逃げますね。早急にwrapper方式にしないとダメですね。

wrapper方式にしましたが、全然ダメですね。wrapperになってない。とりあえず見られなくはないので、今日はこの辺で。

2003.10.23追記

今日もちょっと直しました。とりあえず今ので行きますが、不具合があればお知らせ下さい。修正しますので。

2003.10.24追記

ありがとうございます。早速使わせていただきます。しかし、wrapperのheightを100%にしなければいけないとは。全然分かってませんなぁ。勉強しますです。

Posted by sota-k at 11:56 PM | Comments (2)

ランチと外資系と居酒屋

山崎元の連載コラムより

「外資系への適性を判断する方法があります。それは、一人でランチを食べることがストレスにならないか、と自問してみることです。一人でも、時間がバラバラでも平気だという人は外資系への適性があります」

うーん、1人でランチを食べることが苦になる人が果たしているのだろうか、と僕などは思ってしまうのだが。というわけで、少なくともこの件に関しては、僕は外資系への適性はピッタリである。まあ、単に協調性がないだけかもしれないが。

asahi.com : Be on Saturday 島田雅彦「快楽急行」

会社が終わったら、とっとと郊外の自宅に帰ってしまうアメリカ人には味わえない快楽がそこにある。表と裏をはっきり区別する合理主義者にとっては、居酒屋で管(くだ)を巻くなんて無意味に思えるだろうが、人の心は単純に表裏の区別ができない。

僕もここで言われているアメリカ人と全く同じく、仕事と家との中間地点を持たない人間である。しかし、欧米人は毎晩パブで飲んでいるというイメージがあるのだが、家庭を持つサラリーマンはさすがにそんな事はしないのだろうか。

Posted by sota-k at 01:41 AM | Comments (0)

October 14, 2003

Tシャツをあっというまにお店に並んでいるようにキレイにたためる裏ワザ!!

やってみたけど、確かにたためる。Tシャツのどこを持つかには慣れが必要そうだけれど。svnseeds’ ghoti!で発見。

Posted by sota-k at 11:57 PM | Comments (0)

桔梗信玄餅

お土産でもらった桔梗信玄餅が美味しすぎる。

今までも何度かもらって食べた事があったのだが、今回は大量にもらったので、堪能している。

朝晩1つずつ食べているが、全然飽きない。通販で買おうかな。

Posted by sota-k at 11:50 PM | Comments (0)

October 08, 2003

プラネタリウムを作りました。 Part2

以前、プラネタリウムを作りました。感想文を書いたのだけれど、その後日譚、他もろもろ。

この本を読もうと思ったのは、たまたまとある機会で会った際、山形さんが猛烈にお薦めしていたからだ。
彼の書評は朝日新聞とCUTに載った。
朝日新聞2003年08月10日掲載書評CUT2003年8月号に載った書評

この本を読んだ同じ週の末に、僕は松山に帰省して、そこの総合コミュニティセンターにあるプラネタリウムに行ってみた。平日という事もあって、お客さんは3人と淋しい限りだったけど、久し振りのプラネタリウムを楽しんだ。

しかし、この本を読んだからには著者が作ったメガスターを見ないわけにはいかないだろう。そして、この11月に川崎市青少年科学館での上映が決まった。間違いなく、凄い盛況ぶりだろうけど、これは行かねばなるまい。

まだ読んでいない人はぜひ読んで欲しい。間違いなく衝撃を受けるだろう。そして、メガスターという世界一のプラネタリウムを見たいと思うだろう。

さらに僕は、かつて見たことのある、そして、この本にも書かれているオーストラリアの夜空の天の川をもう一度見たいと思うようになった。何処がいいんだろう。何処でも見えるんだろうけど、エアーズ・ロックあたりが良さそうだな。そんなことをぼんやりと考えるようになった。

Posted by sota-k at 11:02 AM | Comments (0)

October 07, 2003

ドイツに学ぶ

先日、山内一典氏のモーレツ仕事人話を書いたけれど、僕はこっちの方が興味ある。

ENGINE10月号より、アウディ(ドイツ本社)で働く日本人デザイナー、ワダサトシさん

朝10時に出社する。夕方5、6時に帰る。「ここが七不思議ですけど、ドイツ人はあまり働かないで、ものすごいクオリティを出す。マジック的です。ムダがない」

大体アメリカ的な価値観は分かったから(そしてそれではダメだという気もしているから)、ドイツのようなヨーロッパの国の価値観も学ぶ必要があると思っている。康夫ちゃんも言っているようにね。やっぱり行ってみないといけないな。

Posted by sota-k at 10:57 PM | Comments (0)

October 06, 2003

Weblogネタ

書きたいと思いつつ書けていないネタ達。
しばらく書けそうにないので、とりあえず挙げておく。

・MovableTypeインストール記
・ヒラリー・クリントン出馬?
・原監督辞任
・上野千鶴子@朝日新聞 書評欄
・藤巻弟が福助の社長に
・AUDI日本人デザイナー@ENGINE
・「会社はこれからどうなるのか」
・ピンカー本
・低インシュリンダイエット
・山崎元理論
・大好きな九十九里
・缶コーヒーの改善について
・Amazon Web Service & Google Web Service
・やりたいことは全部出来ない、ということ
(山崎元にも通じる話?)

Posted by sota-k at 11:26 PM | Comments (0)

マリア・シャラポワがおばさんになったら

テニス=ジャパン・オープン、マリア・シャラポワ

ジャパン・オープンで優勝したマリア・シャラポワが異常に綺麗で驚く。クルニコワもそうだし、体操の選手もそうだけど、ロシアの女子は非常に綺麗な人が多いと思う。しかし、ロシアのおばさんといえば、僕の中では(僕だけはないと思うが)非常に怖い印象があって、その2つがどうしても繋がらない。シャラポワやクルニコワのような子がおばさんになったらどうなるのか、是非見てみたいものである。

Posted by sota-k at 01:19 AM | Comments (0)

October 05, 2003

読みたい本など

昨日、今日の朝日新聞他から。収穫多し。

・月刊現代11月号(小沢一郎、田中康夫対談)
・映画秘宝11月号(おれカネゴン日記より)
・ジョイス「ユリシーズ」(集英社文庫)(文庫になって買いやすくなった)
・レオノーラ・キャリントン「耳ラッパ」(山形浩生書評)
・唐沢俊一「裏モノ日記」(Web日記の書籍化)
・佐野眞一「てっぺん野郎 本人も知らなかった石原慎太郎」

Posted by sota-k at 10:01 PM | Comments (0)

October 03, 2003

山内一典

ENGINEの10月号と11月号に「グラン・ツーリスモ」を作ったポリフォニー・デジタル プレジデントの山内一典氏のインタビューが載っているのだが、これが滅法面白い。

一時は年4日しか家に帰らず「世界で一番働いている自負がありました」 季節を感じるのはコンビニに行く時だけ。それも冬。なぜなら「外が寒いから(笑)」

(3作目になっても)1作目の過酷な開発スタイルは「年間4日の休みが10日になったくらい」で基本的には変わらなかった。いまだ「発表直前は100時間ぶっ続けで寝ない」ような状況だし、「だいたい徹夜しなきゃモノなんか作れないですよ」とも言う。

まさしく彼の生き様は全てゲーム開発に直結している。1日1食で済ませているという食生活も実は「メシの時間がもったいない」からだし、数日に一度のフィットネスも「頭の回転をスッキリさせるため」。一時トライした酒も「ムダに年をとるだけ。副作用の方が大きい」とやめた。まさしく仕事のためだけに生きているのだ。

まあ、とんでもない人である。僕には年間4日の休みなどというのは絶対に考えられない。

Posted by sota-k at 09:36 PM | Comments (5)

山形さんと会社

山形浩生についてのQ&A (Q442)

果てしないつまらない会議では「ああもうこの仕事が終わったら会社なんかやめよう」と思います。

僕は山形さんは会社の仕事も結構楽しんでやっていると思っていたので、このコメントにはちょっと驚いた。

まあ、当然の事ながら、本業以外の実績を積み上げてきて、能力もある人だからこそ言える言葉なんだけど。

Posted by sota-k at 09:10 PM | Comments (0)

天才プログラマー

yomoyomo in Tokyo Reloadedでも一緒だった新井さん天才プログラマーに選ばれた

何はともあれ、おめでとうございます。

外見からしてかなり濃いキャラクターの彼は絶対にうちの会社には居ないタイプ。
僕はいつか彼と一緒に仕事をしてみたいと思っている。

Posted by sota-k at 08:52 PM | Comments (0)

October 02, 2003

退社の弁

立花隆「ぼくはこんな本を読んできた」

あたり前のことではあるが、人間、可能なかぎりやりたいことをやるべきだと思う。ぼくの場合、なにがやりたいことかといえば、読みたい本を読んで、ぼんやり物思いにふけることくらいだ。それならなにも会社をやめなくてもできることではないかといわれそうだが、少なくともぼくの場合はそうではなかった。

当たり前のことではあるが、人間誰しも、可能な限りやりたいことをやって生きるべきだと思う。僕の場合、何がやりたいかと言えば、読みたい本を読んで、聴きたい音楽を聴き、食べたいものを食べ、眠い時に眠ることくらいだ。それなら別に会社を辞めなくても出来ることではないかと言われそうだが、僕はそう思わなかったのである。(続く)

ああ、いつかこんな事が言ってみたい。

Posted by sota-k at 12:52 AM | Comments (0)

ハーゲンダッツ カスタードプディング

「ハーゲンダッツ カスタードプディング」一時販売休止のお知らせ

弊社では、できる限りの増産体制をとってまいりましたが、予想を大きく上回る売れ行きとなり、生産が追いつかず、皆様にはご迷惑をお掛けしております。  この状況が続きますと、皆様に一層のご迷惑をお掛けすることになると判断し、「ハーゲンダッツ アイスクリーム ミニカップ カスタードプディング」の販売を一時休止させていただくことにいたしました。

これが新聞に載ったりした後も、しばらくは店頭にあったんだけど、さすがに少なくなってきたかな。ちなみに僕はハーゲンが死ぬ程好きで将来社長を目指している妹から聞いて既に2個食べていたので、もういいんだけど。

しかし、今日も食べたんだけど、ハーゲンの「グリーンティ」は素晴らしすぎるね。ハーゲン自身にもこれを超えるものは作れないと僕は思っているんだけど。

Posted by sota-k at 12:29 AM | Comments (0)