December 10, 2003

クルマの選び方

ここ最近、買うクルマを何にしようかずっと考えている。暇さえあればそれしか考えていないといっても過言ではない。いよいよ本気で買うつもりなのだ。まあ、今まで本気で買うつもりになって買ったためしは無いのだけれど。

そもそも、どんなクルマを買うか考え始めたのは、遡れば大学生の頃だろう。いや、僕は高校生の頃からBMWのカタログをディーラーから取り寄せたりしていたので、もっと前かもしれない。

が、結局のところ、未だかつて一度もクルマを買ったことはない。それどころか、運転すらほとんどしたことがないのである。トータル距離は1000キロ未満。サンデードライバーどころの話ではない。自分より運転が下手な人のクルマに乗ったことがない。あまりに運転しないのでアクセルとブレーキや、前進とバックを間違えそうになったりするくらいだ。

今までクルマを買わ(え)なかったのは、他にお金を使いたかったからである。洋服、CD、本、雑誌などなど。クルマを買えばそれらにはお金は使えない。クルマオンリーになってしまう。それが嫌だった。僕が以前住んでいた田舎はクルマ社会で、周りにクルマ人間ばかり居たので、僕はそうなりたくなかったというのもある。

まあ、それはさておき、今のクルマ選びの話である。クルマ選びは難しい。その難しさを書きたいと思う。

クルマ選びには様々な観点があるけれど、一番最初に来るのはふつう、金銭的制約であろう。一般人にとって、まずは予算ありき、である。これが一番厳しい制約であるが、まあその分最も分かりやすいとも言える。

あとは何だろう。デザイン(エクステリア、インテリア)、大きさ、定員、安全性、エンジン性能、燃費、取り回しの良さ、加速の良さ、高速安定性、くらいか。

全部いいに越したことは無いが、そんなことはあり得ないので、何に重きをおくのか、というところが難しいと思う。例えば、僕が今欲しいと思っているレガシィB4 3.0Rは(金銭的制約をクリアしているか否かはここでは置いておこう)、デザインイマイチ、大き過ぎだが、エンジン性能や走りの面では良い、とされている(自分で思う存分確かめられないのも問題であると思っているが)。また、同じく欲しいと思っているアウディA3はデザインはそこそこ良いけれど、エンジン性能はフツー、といった感じである。

まあ、僕が欲張りで何もかも求めすぎなのかもしれないが、こうやって毎日頭を悩ませているのである。

でも、実際のところ、こうやってあれこれ考えているときが一番楽しいのだろうとは思う。買えば大借金を背負うことになって後悔と重圧があるだろうし、クルマは持っているだけでカネがどんどんなくなっていくからなぁ。

でも欲しい。

Posted by sota-k at December 10, 2003 01:00 AM
Comments

大きな買い物をする前の高揚感は楽しいですね。
自分は比較検討すればする程、分からなくなってしまうタイプなので、直感だけで選んでしまいましたけど(あげくにそれが超マイナーなシトロエンC5…)。

友人のクルマ購入に付き合ってディーラー回りをすると、どんどんテンションが上がって行く様子が見られてちょっと楽しかったです。

あと、プジョー406なんかも古いクルマ(設計が)ですけど、評判はいいですね。

Posted by: katt at December 23, 2003 10:28 AM

僕は車ほど大きな買い物をしたことがないので、なかなか踏ん切りがつきません。ただ、高揚感というのはよく分かりますね。

プジョー406のクーペはピニンファリーナのデザインが素晴らしいですね。大好きなクルマです。

Posted by: sota-k at December 23, 2003 07:19 PM