October 08, 2003

プラネタリウムを作りました。 Part2

以前、プラネタリウムを作りました。感想文を書いたのだけれど、その後日譚、他もろもろ。

この本を読もうと思ったのは、たまたまとある機会で会った際、山形さんが猛烈にお薦めしていたからだ。
彼の書評は朝日新聞とCUTに載った。
朝日新聞2003年08月10日掲載書評CUT2003年8月号に載った書評

この本を読んだ同じ週の末に、僕は松山に帰省して、そこの総合コミュニティセンターにあるプラネタリウムに行ってみた。平日という事もあって、お客さんは3人と淋しい限りだったけど、久し振りのプラネタリウムを楽しんだ。

しかし、この本を読んだからには著者が作ったメガスターを見ないわけにはいかないだろう。そして、この11月に川崎市青少年科学館での上映が決まった。間違いなく、凄い盛況ぶりだろうけど、これは行かねばなるまい。

まだ読んでいない人はぜひ読んで欲しい。間違いなく衝撃を受けるだろう。そして、メガスターという世界一のプラネタリウムを見たいと思うだろう。

さらに僕は、かつて見たことのある、そして、この本にも書かれているオーストラリアの夜空の天の川をもう一度見たいと思うようになった。何処がいいんだろう。何処でも見えるんだろうけど、エアーズ・ロックあたりが良さそうだな。そんなことをぼんやりと考えるようになった。

Posted by sota-k at October 8, 2003 11:02 AM
Comments